相続相談は専門家に

高齢化が進んでいます。
それに伴って、高齢者の死亡後の相続問題も増加の一途をたどっているということです。
特に、子供を早くに亡くしたお年寄りや子供のいないお年寄り、子供はいても親の面倒を見ずに親不孝なことをしてきた親不孝な子供のいるお年寄りがお亡くなりになった場合は、相続の問題が生じかねません。
ただし、財産がない場合はこのような問題は無縁かもしれません。
しかし、相続というのは負の遺産も相続しなければならなくなります。
つまり、生前の債権者には相続に優先して債務を履行することが義務付けられているのです。
相続の問題が生じた時は、専門家に相談するのが最も良い方法です。
私の親戚の伯母は、話のわかる(話をまとめるのが上手い)という評判の村の方に入ってもらって話し合いを行ったのはいいのですが、まとまった後、思いもよらない金額を要求され、伯母もそういうものだと思って、払ったということがありました。
専門家に相続相談をしていればそんなことにはならなかったのにと思いました。

最近のブログ記事